本ページはプロモーションが含まれています。

2024-06

ビジネス本

「考具」加藤昌治氏が教える思考力を高めるためのシンキング・ツール

『考具 ―考えるための道具、持っていますか?』は、加藤昌治氏が執筆した、考えるための具体的なツールと方法論を紹介する一冊です。 現代のビジネスパーソンにとって、考える力やアイデアを生み出す力は非常に重要です。
ビジネス本

「イシューからはじめよ」:安宅和人氏が教える知的生産の究極の思考術

『イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」』は、脳科学者、戦略コンサルタント、そしてヤフーの役員を経験した安宅和人氏による問題設定と解決のための思考術をまとめた一冊です。
ビジネス本

「ザ・ゴール」:エリヤフ・ゴールドラットが解き明かす企業の究極の目的と制約理論

『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』は、エリヤフ・ゴールドラット博士によるビジネス書であり、制約理論(Theory of Constraints, TOC)を中心に、企業や組織のマネジメントに関する洞察をストーリー形式で解説しています。
ビジネス本

「ビジョナリー・カンパニー」:ジム・コリンズが解き明かす時代を超える企業の成功法則

『ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則』は、ジム・コリンズ氏が執筆したシリーズの第一作であり、時代を超えて際立った存在であり続ける企業に共通する法則を調査しまとめた内容です。
ビジネス本

「多動力」:堀江貴文が教える現代社会を生き抜くためのスキルとマインドセット

『多動力』は、堀江貴文氏が現代社会における新たなスキルとして提唱する「多動力」について述べた書籍です。 堀江氏は、一つのことをコツコツとやる時代は終わりを告げ、全てのモノがインターネットに繋がり、全産業の「タテの壁」が溶ける現代において、多動力が必要であると主張しています。
ビジネス本

「とにかく仕組み化 ── 人の上に立ち続けるための思考法」:安藤広大が教えるマネジメントの極意

『とにかく仕組み化 ── 人の上に立ち続けるための思考法』は、安藤広大氏による最新刊であり、ビジネスパーソンが組織でさらに上を目指すために必要な「仕組み化」の考え方を伝えます。
ビジネス本

「これからの『正義』の話をしよう」:マイケル・サンデルが教える現代社会の倫理と哲学

『これからの「正義」の話をしよう』は、ハーバード大学の哲学教授であるマイケル・サンデル氏が講じる人気講義「JUSTICE」をもとにした書籍です。 本書は、倫理的・哲学的な問題を通じて、現代社会が直面する「正義」の概念を探求します。
ビジネス本

「10年後の仕事図鑑」:堀江貴文と落合陽一が語る未来の職業とキャリア戦略

『10年後の仕事図鑑』は、AIや仮想通貨、ライフシフト、ホワイトカラーの終焉など、急速に変化する社会において、未来の職業や働き方について語る一冊です。 著者の堀江貴文氏と落合陽一氏は、それぞれの視点から、今後の仕事やキャリアのあり方について深く洞察し、未来に向けた具体的なアドバイスを提供しています。
ビジネス本

「実学」稲盛和夫氏が説く経営の本質と七つの原則

バブル経済の時代、多くの経営者が不良資産の山を築いてしまいました。 しかし、成功するための経営とは何か、儲けとは何か、お金とは何かについて真剣に考えることが重要です。
ビジネス本

「ロジカル・シンキング」:照屋華子氏と岡田恵子氏が教える論理的思考とコミュニケーションの技術

『ロジカル・シンキング』は、コンサルティング会社マッキンゼーのエディターとして活動している著者、照屋華子氏と岡田恵子氏が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について述べた一冊です。