本ページはプロモーションが含まれています。

「ロジカル・シンキング」:照屋華子氏と岡田恵子氏が教える論理的思考とコミュニケーションの技術

ビジネス本

 

『ロジカル・シンキング』は、コンサルティング会社マッキンゼーのエディターとして活動している著者、照屋華子氏と岡田恵子氏が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について述べた一冊です。

本書の目的は、ビジネス社会におけるコミュニケーション能力の低下を克服し、論理的思考と論理的表現能力を高めることにあります。

具体的には、「MECE(ミッシー)」と「So What?/Why So?」という技術を身につけることで、話の重複や漏れ、ずれをなくし、論理的でわかりやすいコミュニケーションを実現する方法を紹介しています。

 

主要なポイント

コミュニケーション能力の低下とその影響

本書は、現代のビジネス社会におけるコミュニケーション能力の低下について警鐘を鳴らしています。

精神科医の間でも指摘されているこの問題は、ビジネスの現場でも顕著です。

コミュニケーション能力が低下すると、相手の意図を正確に引き出すことが難しくなり、自分の考えを効果的に伝えることができなくなります。

この結果、仕事の進行が遅れたり、問題解決が困難になったりします。

 

MECE(ミッシー)の技術

MECEとは、「Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive」の略で、ある事柄を重なりなく、しかも漏れのない部分の集合体として捉えることを意味します。

これは、全体を集合の概念に基づいて漏れも重なりもない部分集合に分けて考える技術です。

MECEの技術を身につけることで、情報の整理やプレゼンテーションの構成が格段に向上します。

 

So What?/Why So?の技術

「So What?/Why So?」は、話の飛びをなくし、結論と根拠、結論と方法のつながりを相手にすんなり理解してもらうための技術です。

「So What?」は、手持ちの情報から課題に照らしたエッセンスを抽出する作業であり、「Why So?」は、そのエッセンスの妥当性を証明する作業です。

この技術を習慣づけることで、論理的思考力や論理的表現力が向上します。

 

感想とレビュー

ロジカル・シンキングの重要性

『ロジカル・シンキング』を通じて、論理的思考の重要性を再認識しました。

ビジネスの現場では、論理的に考え、論理的に伝える力が求められます。

著者たちは、具体的な技術を紹介しながら、論理的思考がどれほどビジネスの成功に寄与するかを強調しています。

MECEやSo What?/Why So?の技術は、情報の整理や問題解決に役立ち、日常のビジネスコミュニケーションを飛躍的に向上させるツールとなります。

 

MECEの実践的応用

MECEの技術は、特に情報整理やプレゼンテーションの構成において有用です。

本書の具体例を通じて、MECEの概念を理解し、実際に応用する方法を学ぶことができます。

例えば、会議の議題を整理する際に、漏れや重複がないように分けることで、議論がスムーズに進み、効果的な結論に到達することができます。

この技術は、プロジェクト管理やデータ分析など、さまざまなビジネスシーンで役立ちます。

 

So What?/Why So?の応用

So What?/Why So?の技術も非常に実践的です。

ビジネスコミュニケーションにおいて、結論とその根拠を明確に伝えることは重要です。

この技術を使うことで、話の飛びをなくし、論理的なつながりを保ちながら相手に伝えることができます。

具体的には、プレゼンテーションや報告書の作成において、結論を導き出し、その結論を支える根拠を明確に示すことができます。

この技術は、説得力のあるコミュニケーションを実現するための強力なツールです。

 

実践的な問題とエクササイズ

本書には、実践的な問題やエクササイズが随所に載せられています。

これにより、読者は学んだ技術を実際に練習し、身につけることができます。

例えば、MECEを使った情報整理のエクササイズや、So What?/Why So?の技術を使った問題解決の練習問題が含まれています。

これらのエクササイズを通じて、読者は理論を実践に移す方法を具体的に学ぶことができます。

 

読みやすさと実践的なアプローチ

『ロジカル・シンキング』は、非常に読みやすく、実践的なアプローチが魅力的です。

著者たちの経験に基づいた具体的なアドバイスと例が豊富に含まれており、読者はすぐにでも実践できる技術を学ぶことができます。

各章ごとにテーマが明確に分かれており、具体例も豊富に取り入れられているため、読者はスムーズに理解しやすいです。

特に、ビジネス文書の書き方やわかりやすく伝える技術など、すぐにでも実践したくなる内容が多く含まれています。

 

ビジネスパーソンへの強い味方

本書は、ビジネスパーソンにとって強い味方となります。

論理的思考と表現力を高めることで、ビジネスの現場でのコミュニケーションが円滑になり、仕事の効率や効果が向上します。

特に、プレゼンテーションや報告書の作成、会議での発言など、さまざまなビジネスシーンで役立つ具体的な技術が紹介されているため、実践的なスキルを身につけることができます。

 

コミュニケーションの質を向上させる

論理的思考と表現力を高めることで、コミュニケーションの質が向上します。

相手の意図を正確に引き出し、自分の考えを明確に伝えることができるようになるため、ビジネスの進行がスムーズになり、問題解決が容易になります。

MECEやSo What?/Why So?の技術を習慣づけることで、日常のコミュニケーションがより効果的になり、ビジネスの成功に直結します。

 

実践的な技術と理論の融合

『ロジカル・シンキング』は、実践的な技術と理論を融合させた内容が魅力です。

具体的なアドバイスや例を通じて、論理的思考の基礎を学ぶだけでなく、実際のビジネスシーンでどのように応用するかを詳しく解説しています。

このアプローチにより、読者は理論を理解するだけでなく、実際の仕事に活かすための具体的な方法を学ぶことができます。

 

どんな人におすすめか

『ロジカル・シンキング』は、以下のような人々に特におすすめです。

ビジネスパーソン

プレゼンや会議、商談などでのコミュニケーション力を向上させたい人に最適です。

 

マーケティング担当者

効果的なコピーライティングや広告制作に役立つ具体的なテクニックを学べます。

 

プロジェクトマネージャー

情報整理や問題解決の技術を身につけ、プロジェクトの効率を高めたい人に役立ちます。

 

自己成長を目指す人

自分の思考力と表現力を高め、自己成長を図りたい人にとって、有益な内容が詰まっています。

 

学生や若手社会人

言葉の力を身につけ、自己表現力を高めたいと考えている若者にとって、非常に参考になる一冊です。

 

最後に

『ロジカル・シンキング』は、ビジネスにおけるコミュニケーション力を向上させるための具体的な技術と深い洞察を提供してくれる一冊です。

照屋華子氏と岡田恵子氏の手法を学ぶことで、あなたも自分の思いを論理的に整理し、効果的に伝える力を身につけることができるでしょう。

この本を手に取り、ロジカル・コミュニケーションの技術を磨き、あなたのビジネススキルを向上させてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました