本ページはプロモーションが含まれています。

「1分で話せ」:伊藤羊一氏のプレゼンテクニック

ビジネス本

 

『1分で話せ』は、Zアカデミア学長であり、グロービス講師としても活躍する伊藤羊一氏が著した、効果的な伝え方を指南する本です。

ソフトバンクの孫正義氏にも認められた伊藤氏のプレゼン技術は、ビジネスパーソンから起業家まで多くの人々に支持されています。

本書では、「右脳と左脳」に働きかける独自のメソッドを紹介し、1分で伝わる話し方の重要性を説いています。

 

主要なポイント

プレゼンの基本

本書は、プレゼンの基本事項から始まり、以下のような内容をカバーしています。

 

相手を理解する

相手が誰で、どんなことに興味があるのかを理解することが重要です。

 

ゴールを設定する

単に理解してもらうのではなく、行動を促すことが真のゴールです。

 

実践的な伝え方

きれいに話すのではなく、相手を動かすことを目指します。

 

1分で伝える技術

伊藤氏は「1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない」と述べています。

具体的なテクニックとして、以下のポイントが挙げられます。

 

ロジカルな1分ストーリー

ピラミッド構造で話を組み立て、根拠を3つに絞ることで、簡潔かつ理解しやすい話し方を実現します。

 

余計な話を省く

「プロセス」を話さず、結論を明確に伝えることが重要です。

 

前提を揃える

話が通じない場合は、前提条件を揃えることで相手の理解を促します。

 

スッキリ・カンタンなプレゼン

話を聞いてもらうためには、「スッキリ・カンタン」に話すことが大切です。

具体的には以下のようなテクニックを用います。

 

スライドの活用

グラフや位置情報を使い、視覚的にわかりやすく伝えます。

 

簡単な言葉を使う

中学生でも理解できるレベルの言葉を使うことで、誰にでも伝わるプレゼンを行います。

 

右脳を刺激する

右脳を刺激して、イメージを想像させることで、相手の感情を揺さぶります。

以下の方法が効果的です。

 

イメージを描く

「想像してみてください」と誘導し、相手に具体的なイメージを持たせます。

 

感情を動かす

正しいことを言うだけではなく、感情に訴えかけることで相手を動かします。

 

動いてもらうための技術

プレゼンの目的は相手を動かすことです。

伊藤氏は、以下のテクニックを用いて相手を動かします。

 

超一言で包み込む

短くシンプルなメッセージで相手の心を掴みます。

 

ライブ感を持つ

プレゼンはライブパフォーマンスのように、聴衆と一体感を持って行います。

 

感想とレビュー

『1分で話せ』は、プレゼンテーションやコミュニケーションに苦手意識を持つ人にとって非常に有益な一冊です。

伊藤羊一氏の具体的で実践的なアドバイスは、誰でもすぐに取り入れることができ、ビジネスシーンだけでなく日常生活でも役立つでしょう。

特に、1分で伝える技術や右脳を刺激する方法は、効果的なコミュニケーションを目指す人にとって非常に参考になります。

 

どんな人におすすめか

『1分で話せ』は、以下のような人々に特におすすめです。

ビジネスパーソン

プレゼンテーションや会議での発言力を高めたい人に最適です。

 

起業家

投資家や顧客に対して効果的にアイデアを伝えたい人にとって非常に有益です。

 

コミュニケーションに悩む人

日常生活や仕事でのコミュニケーションを改善したい人にとって、具体的なアドバイスが詰まっています。

 

リーダーやマネージャー

チームを率いる立場にあり、メンバーに効果的に指示を伝えたい人におすすめです。

 

「1分で話せ」:伊藤羊一のプレゼンテクニック

書籍の概要

『1分で話せ』は、Zアカデミア学長であり、グロービス講師としても活躍する伊藤羊一が著した、効果的な伝え方を指南する本です。ソフトバンクの孫正義氏にも認められた伊藤氏のプレゼン技術は、ビジネスパーソンから起業家まで多くの人々に支持されています。本書では、「右脳と左脳」に働きかける独自のメソッドを紹介し、1分で伝わる話し方の重要性を説いています。

主要なポイント

プレゼンの基本

本書は、プレゼンの基本事項から始まり、以下のような内容をカバーしています。

相手を理解する

相手が誰で、どんなことに興味があるのかを理解することが重要です。

 

ゴールを設定する

単に理解してもらうのではなく、行動を促すことが真のゴールです。

 

実践的な伝え方

きれいに話すのではなく、相手を動かすことを目指します。

 

1分で伝える技術

伊藤氏は「1分で話せない話は、どんなに長くても伝わらない」と述べています。

具体的なテクニックとして、以下のポイントが挙げられます。

 

ロジカルな1分ストーリー

ピラミッド構造で話を組み立て、根拠を3つに絞ることで、簡潔かつ理解しやすい話し方を実現します。

 

余計な話を省く

「プロセス」を話さず、結論を明確に伝えることが重要です。

 

前提を揃える

話が通じない場合は、前提条件を揃えることで相手の理解を促します。

 

スッキリ・カンタンなプレゼン

話を聞いてもらうためには、「スッキリ・カンタン」に話すことが大切です。

具体的には以下のようなテクニックを用います。

 

スライドの活用

グラフや位置情報を使い、視覚的にわかりやすく伝えます。

 

簡単な言葉を使う

中学生でも理解できるレベルの言葉を使うことで、誰にでも伝わるプレゼンを行います。

 

右脳を刺激する

右脳を刺激して、イメージを想像させることで、相手の感情を揺さぶります。

以下の方法が効果的です。

 

イメージを描く

「想像してみてください」と誘導し、相手に具体的なイメージを持たせます。

 

感情を動かす

正しいことを言うだけではなく、感情に訴えかけることで相手を動かします。

 

動いてもらうための技術

プレゼンの目的は相手を動かすことです。

伊藤氏は、以下のテクニックを用いて相手を動かします。

 

超一言で包み込む

短くシンプルなメッセージで相手の心を掴みます。

 

ライブ感を持つ

プレゼンはライブパフォーマンスのように、聴衆と一体感を持って行います。

 

感想とレビュー

『1分で話せ』は、プレゼンテーションやコミュニケーションに苦手意識を持つ人にとって非常に有益な一冊です。

伊藤羊一の具体的で実践的なアドバイスは、誰でもすぐに取り入れることができ、ビジネスシーンだけでなく日常生活でも役立つでしょう。

特に、1分で伝える技術や右脳を刺激する方法は、効果的なコミュニケーションを目指す人にとって非常に参考になります。

 

どんな人におすすめか

『1分で話せ』は、以下のような人々に特におすすめです。

 

ビジネスパーソン

プレゼンテーションや会議での発言力を高めたい人に最適です。

 

起業家

投資家や顧客に対して効果的にアイデアを伝えたい人にとって非常に有益です。

 

コミュニケーションに悩む人

日常生活や仕事でのコミュニケーションを改善したい人にとって、具体的なアドバイスが詰まっています。

 

リーダーやマネージャー

チームを率いる立場にあり、メンバーに効果的に指示を伝えたい人におすすめです。

 

クロージング

『1分で話せ』は、短時間で効果的に相手に伝える技術を学びたい人にとって必読の一冊です。

伊藤羊一氏の具体的なメソッドは、プレゼンテーションだけでなく、日常のコミュニケーションにも応用可能です。

ぜひこの本を手に取って、伝える力を磨き、あなたのコミュニケーションスキルを向上させてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました