本ページはプロモーションが含まれています。

「肌のSOS!」あなたの悩みを救う美容液をご紹介!

スキンケア



今回はTVや雑誌で話題になっている美容液をご紹介します。

  • お肌の悩みを抱えている方
  • 家でケアをしたい方
  • 乳液や化粧品不要でも効果のあるオールインワン美容液を探している方

いずれかに当てはまる人は、ぜひ読み進めて欲しいです。

 

年齢とともに肌のハリがなくなるのはなぜか?

年齢を重ねると肌が乾燥したり、シワが増えたりする原因は「ヒアルロン酸」とコラーゲンの減少によるものです。

まず、ヒアルロン酸は、皮膚、関節液、目など人体の多くの部位に存在しています。

その中でも特に皮膚の真皮層に多く存在します。

ヒアルロン酸は分子が大きく多量の水分を保持する能力があるため、皮膚の潤いやハリを保つ役割があります。

しかし、年齢と共にヒアルロン酸の生産量が減少し、また分解される速度が増加するため、体内のヒアルロン酸の総量は減少傾向にあります。

そのため、年齢を重ねると皮膚の乾燥やシワ、といった問題が生じやすくなります。

 

一方のコラーゲンも体の主要なタンパク質の一つで、皮膚、骨などの組織の一部を構成しています。

特に皮膚においては、弾力性や構造の主要な成分です。

ただ、20代後半から30代にかけて体内のコラーゲンの生成が減少し始め、その後も年齢とともにその減少は進行します。

これが、年齢を重ねることでの皮膚のたるみやしわなどの原因となります。

また、紫外線やタバコ、ストレス、糖分の過剰摂取などは、コラーゲンの分解を加速させると言われてますので注意が必要です。

そのため、スキンケア製品では年齢とともに失われるヒアルロン酸の補給やコラーゲン減少の症状を緩和することを目的としています。



肌に保湿はなぜ必要なのか?

なぜ肌は保湿した方がいいのでしょう?

肌と保湿の関係は非常に重要なんです。

その理由をいくつかご紹介します。

 

肌のバリア機能の維持

皮膚の最上層、角質層は外部の刺激物質や微生物の侵入を防ぐバリア機能を果たしています。

適切な保湿はこのバリア機能を強化し肌を守っています。

 

乾燥の防止

環境の乾燥や冷気、暖房などの影響で肌は乾燥しやすくなります。

乾燥は肌のキメを乱し、さらには小じわやしわの原因となります。

保湿はこれらの症状を予防または緩和する働きがあります。

 

弾力性の維持

保湿した肌は弾力性があり、としっかりとした感触がします。

乾燥すると肌は硬く、カサつく感じとなります。

 

肌の明るさ・透明感の維持

保湿された肌は透明感があり、健康的な輝きを放ちます。

乾燥した肌はくすんで見えてしまいます。

 

不快な肌の症状の緩和

乾燥すると肌がかゆくなったり、赤くなったりすることがあります。

適切な保湿によって、これらの不快な症状を緩和することができます。

 

化粧品のノリを良くする

保湿された肌には化粧品が均一になじみやすく、持続性も向上します。

 

以上の理由から、肌と保湿の関係性は美容や健康の面で非常に重要と言えます。

日常のスキンケアにおいて、適切な保湿ケアを心がけることが肌の健康を維持しましょう。



気になる成分は?

今回ご紹介の美容液は乳液、化粧水不要のオールインワン美容液になります。

洗顔後、水分を拭きとり朝晩3〜5プッシュ、顔に塗布するだけです。

それだけで肌に潤いやハリを与え、乾燥や刺激から肌を守ってくれるのか気になりますよね。

そこでどのような成分が入っていて、それがどのような働きをするのかをご紹介します。

 

ヒト幹細胞培養液とは?

ご紹介の美容液にはヒト幹細胞培養液が含まれています。

主な効果や機能には以下のようなものが挙げられます。

 

1.再生能力

細胞の再生と修復に関与しています。

ヒト幹細胞培養液には、肌の再生をサポートするさまざまな成分が含まれているとされています。

 

2.保湿効果

肌の水分量を増やし、保湿をサポートしてくれます。

 

3.肌のハリや弾力向上

コラーゲンの生成を促進することがあるため、肌のハリや弾力を向上が見込めます。

 

4.抗酸化作用:

肌を守る抗酸化成分が見込めます。

 

5.抗老化効果

肌の細胞の再生や修復をサポートすることで、肌の老化の兆候を緩和する可能性があります。

 

6.炎症の緩和

炎症を抑制する作用があるとも考えられています。

 

フラーレンとは?

続いて「フラーレン」についてです。

あまり聞きなれない成分かも知れませんが、下記の特徴があります。

 

1.強力な抗酸化作用

フラーレンは強力な抗酸化能力で知られています。

肌の老化やダメージを中和し肌を保護するとされています。

 

2.保湿効果

フラーレンは皮膚の水分を保持する効果があると言われており、肌の乾燥を防ぐのに役立つとされています。

 

3.UV保護

フラーレンが紫外線からの保護作用があるとも言われています。

 

4.肌の再生や修復

フラーレンは肌細胞の再生や修復をサポートする効果があるともいわれています。

 

このように肌への浸透や安定性を向上させることを目的としています。

 

セラミド1.3.6とは?

セラミドは、皮膚の角質層に存在する主要な脂質成分の一つになります。

セラミドは皮膚の水分を保持し、バリア機能を維持する役割があります。

セラミドは、複数の異なるタイプや構造を持っており、それぞれ異なる番号や名称で分類されています。

セラミド1、セラミド3、セラミド6の主な効果は以下になります。

 

1.保湿効果

セラミドは皮膚の水分を保持する能力があり、乾燥から肌を守ります。

セラミドを補給することで、乾燥肌の症状を緩和し、柔らかくしっとりとした肌へと導くことが期待されます。

 

2.バリア機能の強化

セラミドは皮膚のバリア機能をサポートします。

外部の刺激物やアレルゲンから肌を守るとともに、有害な物質の侵入を防ぎます。

 

3.肌の柔軟性の向上

セラミドは皮膚の柔軟性を保つ役割も果たしており、肌がしっかりとしたものになるのを助けます。

 

4.赤みや炎症の緩和

セラミドは、肌の炎症や赤みを減少させる可能性があります。

バリア機能が強化されることで、刺激に対する肌の反応が緩和されると考えられます。



コメント

タイトルとURLをコピーしました