本ページはプロモーションが含まれています。

乾燥・年齢肌の老け顔を何とかしたい!

スキンケア

 

今回は年齢を重ねると増える肌の悩みについてご紹介します。

若い時から使用しているスキンケア化粧品・・・段々と効果が薄れていると感じたことはありませんか?

肌は年齢に伴って水分量が減ってきますので、若い時に通用していたスキンケア化粧品の効果はどうしても薄れてしまいます。

では、どういったスキンケア化粧品を使用すれば良いのか・・・参考にして頂けばと思います。

 

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は肌にとって非常に良い成分であることは知られていますよね。

ヒアルロン酸は自然に体内で産生され、皮膚、組織、目、関節などに存在しています。

ヒアルロン酸の主な機能の一つは水分を保持するということになります。

これにより皮膚に滑らかさとボリュームを与えます。

特にヒアルロン酸は以下のような肌への利点があります。

 

1.保湿

ヒアルロン酸は水分を引きつけて保持することができ、乾燥から肌を保護します。

これにより、肌は滑らかで柔らかくなります。

 

2.肌の弾力性の改善

ヒアルロン酸は肌のボリュームを増加させ、弾力性と柔軟性を改善します。

特に年齢とともに自然なヒアルロン酸のレベルが減少すると、肌の若々しさとボリュームを保つのに役立ちます。

 

3.抗老化の効果

ヒアルロン酸は皮膚の深層に水分を供給し、乾燥としわの形成を防ぐのを助けます。

これにより肌は健康で若々しい外観を保つことができます。

 

4.刺激の緩和

ヒアルロン酸は肌を保護し、炎症と赤みを緩和するのを助けることができます。

敏感肌や乾燥肌の人には特に効果があります。

 

以上のことから多くのスキンケア化粧品にはヒアルロン酸が含まれています。

ただ、製品によってヒアルロン酸の分子サイズが違います。

小さい分子は肌の深層に浸透し、大きな分子は肌の表面に留まります。

そのため、同じヒアルロン酸が入っているスキンケア化粧品でも、化粧品によって効果が異なるということがあります。

 

 

ヒアルロン酸を超えるプロテオグリカンとは?

プロテオグリカンとは、表皮の下に存在する真皮中に含まれる糖タンパク質の一つになります。

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸を超える保水力を持っており、肌の潤いや弾力を保つ働きがあります。

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸と同様に、人間や動物の体内に存在している成分になります。

ただ、今まではこの成分を純度の高い状態で安全に抽出することが難しかったため、とても希少なものとされていましたが、今はサケの鼻軟骨から安全に抽出できるようになっています。

 

プロテオグリカンの働きとは?

プロテオグリカンの一番の特徴は保水力になります。

ヒアルロン酸は1グラムで6リットルの水を保有できると言われてますが、プロテオグリカンはそれを超えるとされています。

保水力は肌年齢を保つことに影響しますので、美肌に保水力は欠かせません。

 

また、プロテオグリカンには線維芽細胞を増加させる働きがあります。

線維芽細胞というのは、コラーゲンとヒアルロン酸の生成に関係している細胞になります。

その為、キレイな肌を保つには線維芽細胞の量や活発さが重要となります。

つまり、この線維芽細胞を増加させるプロテオグリカンは、肌にとって重要な役割を持つ成分ということになります。

 

セラミドの効果とは?

セラミドとは、皮膚や細胞膜などに存在する脂質の一種になります。

皮膚においては重要な役割を果たしており、主な効果は以下になります。

 

皮膚バリアの強化

セラミドは、角質層と呼ばれる皮膚の外側の一番上の層に存在します。

水分を保持して、外部の刺激物や紫外線などから肌を保護する皮膚バリアの形成に重要な役割を果たしています。

セラミドが適切な量であれば、肌は健康でしっかりとしたバリアを持つことができます。

 

保湿効果

セラミドはその特性から水分を保持する能力が高く、肌の乾燥を防ぐのに役立ちます。

乾燥した肌はバリア機能が低下し、刺激に敏感になります。

そのため、さまざまな肌トラブルの原因となることがありますが、セラミドによって肌の水分量が保たれ、これらの問題を軽減することが出来ます。

 

炎症の抑制

セラミドは、炎症を引き起こす物質を抑制することで、皮膚の炎症を緩和する効果があります。

炎症が引き起こされることで、肌トラブルや敏感肌の症状が悪化する場合があります。

セラミドはこれを抑えることで肌の健康を維持する役割を果たしています。

セラミドが持つこれらの効果は、特に乾燥肌や敏感肌の改善に関連しています。

セラミドが不足すると皮膚バリアが弱まり、乾燥や肌荒れなどのトラブルが生じる可能性が高まります。

保湿成分としてのセラミドは、化粧品やスキンケア製品に広く使用されており、肌の健康をサポートするために役立っています。

 

 

肌と水分量の関係性

肌と水分量の関係性は非常に深いです。

水分は肌の健康と美しさにとって欠かせない要素になります。

その関係性について以下の通りです。

 

肌のバリア機能

肌にはバリア機能があり、外部の刺激や有害物質から体を守る役割があります。

このバリア機能を正常に保つためには、適切な水分量が必要です。

 

水分と弾力

肌の弾力やしっとり感は、肌の中の水分量に大きく関わっています。

水分が豊富な肌はハリがあり、乾燥して水分が不足すると肌はカサカサになり、しわやたるみの原因ともなります。

 

セラミドとの関係

肌の角質層にはセラミドが含まれており、これが水分を保持する役割を果たしています。

セラミドが不足すると肌の乾燥が進行しやすくなります。

 

ターンオーバーの促進

正常な水分量を保つことで、肌のターンオーバー(新しい肌細胞の生成と古い肌細胞の排出)がスムーズに行われます。

 

乾燥とトラブル

乾燥した肌は、細菌や刺激物質が侵入しやすくなるため、肌トラブルの原因となりやすいです。

 

水分を十分に保つことは、肌の健康や美容にとって非常に重要です。

そのため、日常のスキンケアや生活習慣において、適切な水分補給を心がけることが大切です。

 

まとめ

肌のハリを保つための鍵は、日々のケアと生活習慣です。

正しいスキンケアや十分な水分補給、バランスの良い食事を心がけ、肌を内外から支えてあげてください。

継続することで、美しい肌は手の届くところにあります。

肌年齢を若返らせたいという人はご検討ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました