本ページはプロモーションが含まれています。

宇佐見りん 『推し、燃ゆ』を読んだ感想とあらすじ

小説

書籍の概要

『推し、燃ゆ』は、宇佐見りん氏の作品で、2020年に出版されました。

この作品は、現代の若者文化やSNS時代のアイドルファンの心理を繊細に描いた小説です。

宇佐見りん氏は、その鋭い観察力と独特の語り口で、読者を物語の世界に引き込みます。

本作は、第164回芥川賞を受賞し、その独自の視点とリアルな描写で高く評価されています。

あらすじ

主人公は、高校生の少女で、彼女の「推し」であるアイドルに全てを捧げる日々を送っています。

彼女は、家庭や学校での問題から逃れるように、推し活に没頭し、その存在に救いを見出しています。

しかし、ある日、彼女の推しがスキャンダルに巻き込まれ、炎上してしまいます。

この出来事をきっかけに、彼女は現実と向き合わざるを得なくなり、自分自身や周囲との関係を見つめ直すことになります。

推しに対する純粋な愛情と、現実世界での葛藤が交錯する中、彼女はどのように自分の道を見つけていくのか。

感想

『推し、燃ゆ』は、現代の若者文化やSNS時代のアイドルファンの心理をリアルに描いた作品です。

宇佐見りん氏の繊細な筆致は、主人公の感情や内面を丁寧に描写しており、読者は彼女の葛藤や喜び、悲しみに深く共感できます。

主人公の少女が抱える家庭や学校での問題、そして推し活に没頭することで現実から逃避する姿は、現代の若者が直面するリアルな問題を反映しています。

彼女の推しに対する純粋な愛情は、美しくも切なく、読者の心を揺さぶります。

しかし、推しが炎上し、彼女が現実と向き合わざるを得なくなる展開は、非常にシリアスであり、物語に深みを与えています。

この作品は、アイドルファンだけでなく、すべての読者にとって共感できるテーマを持っています。

現実世界での孤独や葛藤、そしてその中で見つける希望や救い。

宇佐見りん氏の描く物語は、読者に対して自己を見つめ直すきっかけを与えてくれます。

特に印象的なのは、主人公が推しとの関係を通じて成長していく姿です。

彼女が自分の感情を整理し、現実と向き合いながら、新たな道を見つけていく過程は、感動的であり、希望を感じさせます。

宇佐見りん氏の描くキャラクターたちは非常にリアルであり、彼らの心の動きが細やかに描かれています。

クロージング

『推し、燃ゆ』は、宇佐見りん氏の才能が光る感動的な小説です。

現代の若者文化やSNS時代のアイドルファンの心理を鋭く描き、読者に深い共感と感動を与えます。

主人公の成長と葛藤がリアルに描かれ、物語の深みを感じることができます。

この本を読むことで、あなたも現代社会の複雑な人間関係や孤独、そしてその中で見つける希望について考えるきっかけを得ることができるでしょう。

その魅力をぜひ堪能してください。

created by Rinker
¥1,540 (2024/07/16 21:59:00時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました